肉の蔵 焼肉銀山亭


豊後牛のこだわり

ただただ、美味しいお肉を食べてもらいたい。

ザ豊後牛をはじめ、肉追い人のオーナーが厳選した、九州各県の和牛をご提供。 とにかく、美味しい豊後牛を、お客様の皆様に食べて貰いたい、焼肉で感動を味わって貰いたい。 ただそれだけの想いで、都町に出来た“にくの蔵 焼肉銀山亭”です。 当店は、豊後牛取扱店 第1号店であり、 提供しているすべてのお肉は、オレイン酸を55%以上含み、口の中でとろける良質なものばかりです。 食を不安視する声が増えてきている昨今。 銀山亭は一貫してトレーサビリティを大切にしてきました。 トレーサビリティとは、食肉の流通経路を、生産段階から消費段階まで追跡可能な状態のことで、 銀山亭は入荷したすべて食肉の個体識別番号を公開しています。 ぜひ、美味しい豊後牛の焼肉を、安心してお楽しみください。

豊後牛の写真

良い牛を育てることに愛情とプライドを持って・・・

にくの蔵、焼肉銀山亭都町店は、2015年11月29日(いい肉)の日に 8周年を迎えることが出来ました。
これもひとえに皆様のお陰と、心より感謝申し上げております。
この期に宇佐市の生産育成農家、(株)浦田牧場様と契約指定店舗とさせて 頂く運びとなりました!

良い牛を育てる事に、愛情と情熱を持ち、プライドを賭けた浦田社長と
牛に 敬意を払い今後もいい肉を楽しめる銀山亭を築いてまいります。

豊後牛のこだわり

当店では、入荷したすべての牛肉について“個体識別番号”を公表しています。 固体識別番号とは、2001年の牛海綿状脳症(BSE)のまん延を発端に、緊急対策として日本で飼養されているすべての牛の個体識別情報及びその所在等に関する情報を記録して、管理・公表することを目的としたものです。当店では、入荷したすべての牛肉の個体識別番号を公表しておりますので、安心して、美味しくお召し上がりいただけます。

《公表事項》

(1) 個体識別番号
(2) 出生又は輸入の年月日
(3) 雌雄の別
(4) 母牛の個体識別番号別番号
(5) 飼養施設の所在地(都道府県名)
(6) 飼養施設における飼養の開始及び終了の年月日
(7) とさつ、死亡又は輸出の年月日
(8) 牛の種別
(9) 輸入された牛について、輸入先の国名
(10) と畜場の名称及びその所在地
(11) 輸出された牛について、輸出先の国名

個体識別番号については、家畜改良センターの管理するホームページから、その牛にかかる個体識別情報を検索できます。
固体識別番号を検索したい方は、「家畜改良センター」のホームページをご確認下さい。

https://www.id.nlbc.go.jp/top.html

ページトップへ